黒猫さんちのFX研究ブログ

外国為替証拠金取引(FX)トラップトレード ループイフダン研究ブログ。主にアイネット証券のループイフダンを使い、超長期の運用で利益を積み重ねる設定を研究しています。

黒猫のFX投資戦略

ループイフダン超長期運用の設定に関する考察 その8

投稿日:2017年5月22日 更新日:

黒猫さんちのFX研究ブログ 管理人の黒猫さんです。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

ループイフダン超長期運用の設定に関する考察 その8です。

※ちなみに、アイネット証券のループイフダンのシステムは2016年9月に大きく変わりました。本ブログでは、変更後のシステムを使用する事を前提としています。

ループイフダンは、アイネット証券が提供するシステムトレード(自動売買)プログラムです。

前回までのあらすじは、ループイフダン超長期運用の設定に関する考察 その1 ~ その7をご覧ください。

その6から、ループイフダン長期運用における最適な値幅設定について考え始めました。

今回は

ループイフダン長期運用における最適な値幅設定 その3

です。

ループイフダン豪ドル円で選べるパターンは3種類あります。
B20(S20) 20pips幅で買い(売り)20pips 上昇(下落)決済
B40(S40) 40pips幅で買い(売り)40pips 上昇(下落)決済
B80(S80) 80pips幅で買い(売り)80pips 上昇(下落)決済

アイネット証券が公開しているランキングを見ると、値幅が小さいパターンの方が成績が良いように思えますが、各パターンの含み損増加リスクを考えると、実は値幅の大きいパターンの方が、成績がよいのでは?という話まで前回のあらすぎでした。

今回は、なぜ値幅が大きいパターンの方が成績が良かったのかを考えてみます。

スプレッドはバカにできない!

パッと見で思いつくのはスプレッドです。スプレッドとは、通貨を売るときの価格と買うときの価格の差の事でした。ループイフダンは細かく売り買いを繰り返してコツコツと利益を積み上げる方式なので、スプレッドも積み重なります。ちなみにアイネット証券の豪ドル・円のスプレッドは、4銭(4pips)(2017年5月)と、トラップ系のシストレではとても安いのですが、やはり影響は出てきます。ではもう一度、各パターンの成績表を見てみましょう。
直近の半年間での成績(含み損リスクを考慮した場合)

ループイフダンB20 / S20 獲得pips 約7300 利確回数 約365回(1000通貨)

ループイフダンB40 / S40 獲得pips 約8000 利確回数 約100回(2000通貨)

ループイフダンB80 / S80 獲得pips 約9400 利確回数 約30回 (4000通貨)

スプレッドは、あくまでも通貨を売るときと買うときの価格の差なので、単純に売り買いの回数にスプレッドを掛けるというのはちょっと乱暴な考え方なのですが、ここでは簡単に考える為にあえて単純に考えてみます。上を見ると、B20 / S20の半年間の利確回数は約365回、一方 B80 / S80の半年間の利確回数は約30回、売買の回数は12倍くらい違いますね!ただ、運用している通貨数は、B20 / S20が1000通貨なのに対し、B80 / S80 は、4000通貨です。この条件でざっくりと計算してみると

B20 / S20のスプレッドによる利益の目減り量

365×4(スプレッド) = 1460pips

B80 / S80 のスプレッドによる利益の目減り量

30×4(スプレッド)×4(運用している通貨数の補正) = 480pips

なんと、B20 / S20とB80 / S80 を比べると、半年間で1000pipsくらいの差が出来てしまいます!これは大きいですね!

ただ、スプレッドによる利益の目減り量を足しても、まだ、B20 / S20 に比べて、B80 / S80の方が成績が良いようです。この事に関しては、この半年は確かにB80 / S80の方が成績が良かったけれど、いつもそうなるわけではないと黒猫は考えています。

次回は、値幅の違うパターンの、利益確定のしかたの違いや、それぞれのパターンの特徴をもう少し検証していきたいと思います。

では、次回をお楽しみに!

~次の記事へ~

>>「黒猫のFX投資戦略まとめ」に行く

↓ ループイフダンのアイネット証券 口座開設はこちらから ↓

※このブログに書かれている内容は、管理人の個人的見解です。

為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございませんし、管理人の投資戦略が正しいかどうかはわかりません。

投資は、自己責任でお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村

 

-黒猫のFX投資戦略
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ループイフダンで短期運用が難しいたった一つの理由

ループイフダンを短期運用で使う 管理人の黒猫です。今回は、ループイフダンを短期で運用する。という事について書いていきたいと思います。 現在、黒猫は、ループイフダンをほぼほったらかしの長期運用で実行して …

ループイフダン超長期運用の設定に関する考察 その5

黒猫さんちのFX研究ブログ 管理人の黒猫さんです。 皆様いかがお過ごしでしょうか? ループイフダン超長期運用の設定に関する考察 その5です。 ※ちなみに、アイネット証券のループイフダンのシステムは20 …

ループイフダン超長期運用の設定に関する考察 その2

黒猫さんちのFX研究ブログ 管理人の黒猫さんです。 皆様いかがお過ごしでしょうか? ループイフダン超長期運用の設定に関する考察 その2です ※ちなみに、ループイフダンのシステムは2016年9月に大きく …

豪ドル円20年チャートループイフダン超長期運用LV3の説明図

ループイフダン長期実践記録 第3弾 運用方針まとめ

2017年7月から10月の4ヵ月間実施した、ループイフダン長期実践記録 第2弾では、豪ドル円に設定されている3種類のループイフダン ・値幅20銭(B20 / S20) ・値幅40銭(B40 / S40 …

豪ドル円20年チャートループイフダン超長期運用LV3の説明図

ループイフダン長期実践記録 第2弾 運用方針まとめ

黒猫は今まで、アイネット証券が提供する自動売買プログラム ループイフダンの実践記録を公開してきました。 今までの運用で、ループイフダンが非常に有能な自動売買プログラムである事がわかりました。 しかし、 …

ブログ内検索

過去の投稿

AD

AD

AD