黒猫さんちのFX研究ブログ

外国為替証拠金取引(FX)トラップトレード ループイフダン研究ブログ。主にアイネット証券のループイフダンを使い、超長期の運用で利益を積み重ねる設定を研究しています。

黒猫のFX投資戦略

ループイフダンで短期運用が難しいたった一つの理由

投稿日:2017年6月12日 更新日:

ループイフダンを短期運用で使う

管理人の黒猫です。今回は、ループイフダンを短期で運用する。という事について書いていきたいと思います。

現在、黒猫は、ループイフダンをほぼほったらかしの長期運用で実行しています。黒猫が現在の運用方法に至るまでの経緯は、ループイフダン超長期運用に関する考察にまとめてありますので、ご興味のある方はご覧ください。

また、このループイフダン超長期運用作戦LV3の運用状況は、毎日の運用状況と、毎週の運用状況で実況中です。

この超長期運用作戦はいまの所安定した利益を叩き出しているのですが、実は一つ問題が。。それは年率の期待値が10%~20%くらいしかないという点ですね。

FXにしてはリスクが低いとは言え、それなりのリスクをとっているにも関わらず、年率が10%~20%というのは、少し寂しい感じはします。なぜこのような低い年率になってしまうかというと、ほとんどの資金が遊んでいるからなのです。超長期運用では、為替レートが変動して含み損が増えても耐えられるように、自分で設定した最大ポジションを維持できるように、かなり多めの資金を用意する必要があります。(このあたりのループイフダンの基本的な仕組みについては、イフダン系システムトレードの特徴をご覧ください。)

しかし、為替レートが大きく動かない限り、ポジションは増えず、含み損がドーンと増える事もありません。しかし、明日の相場がどう動くかは誰にも分らないわけで、為替レートの急変に備えて、ある程度の資金をFX口座に入れておく必要があるわけです。つまりある程度眠っている資金が常に存在するという事になります。この眠っている資金がもったいない!という考え方が出来ます。

FXという、リスクの高い商品に手を出すのだから、一攫千金を目指して儲けまくってやる!というのは、ごく自然の考え方ですよね。黒猫がFXを始めたのも、FXでバリバリ稼いでお金持ちになるんだ!という月並みな理由でした。

しかし、ループイフダンは、そもそも一攫千金には向かないシステムなのです。利確が出ても数百円単位ですので、はっきり言って額は小さい。チリも積もれば。。いつの間にか小さい山が。。という感じですね。ほったらかしで長期運用して小銭を積み重ねる。とうのがループイフダンの基本的な考え方だと思っています。

しかし、一攫千金は難しいけれど、ループイフダンで攻めの短期運用をする!という考え方はあります。最大本数を減らして、レンジあるいは、トレンドフォローで勝負するスタイルです。どんな考え方なのか、詳しくみていきましょう。

ループイフダンでトレンドフォロー

ループイフダンのトレンドフォローが上手くいった例です。

この例では、上昇トレンドが続くと予想して、買いのループイフダンB20を仕掛けました。相場は弱い調整を繰り返しながら上昇を続けると予想したので、最大ポジション数はそれほど多くする必要はありません。

1円程度の調整があると考えて、最大ポジション数を[6]に設定しました。

さて、結果はどうだったのでしょう。

結局、相場は1円60銭の上昇となりました。この間にループイフダンB20は、11回の利益確定です。

1000通貨で運用していた場合の売買利益額は、2200円という事になりますね。

最大ポジション数は、[2]ですので、損切も発生しませんでした。

最大ポジション数が小さければ、必要証拠金も少なくて済みますので、少ない資金で多くの利益を得ることが出来ます。

しかも、裁量取引と比べても良い結果が出ることが多いのです。この図の最安値~最高値の幅は1円60銭。裁量取引で、最安値で買って最高値で売ったとすると、売買利益は1600円(1000通貨運用時)になります。ループイフダンの1000通貨運用では、2200円の売買利益でしたから、売買利益から見てもループイフダンの方が、成績がよい事になります。

このように、トレンドをうまく捕まえられれば、ループイフダンの短期運用は効果あり!だという事が分かります。

短期運用のループイフダンは、やめ時が難しい

前の図の続きです。

さて、順調に上昇していた相場は、一転して下落に向かいました。

保有ポジションは徐々に増え始めます。。さて、どのタイミングで買いのループイフダンをやめるべきなのでしょうか?

理想を言えば、画面左上の、相場が最高値になった時点ですね。(1のポイント)でも、このタイミングで買いのループイフダンをやめられる人は少ないはずです。チャートを見ればまだまだ、上昇トレンドが続いている状態ですから、やめる理由がありません。

また、多少、相場が下落して、2のポイントに来たとしても、この時点で買いのループイフダンをやめられる人は少ないと思います。一時的な調整の可能性もありますし、なにより、この時点で持っているポジションは含み損を抱えています。

さらに相場が下落して3のポイントまで来ると、損切が発生し始めます。(前項で、最大ポジション数を6に設定していたため、7本目のポジションを取るタイミングで、損切が発生)

ここで注目なのは、損切額です。ループイフダンB20/最大ポジション数6/1000通貨運用の時の損切額は、1ポジションあたり1200円です。左の図では、3回損切が発生しているので、1200円×3回=3600円!さらに含み損を抱えているポジションが5本。

前項で稼いだ2200円の利益をあっさり吹き飛ばしてしまいました。

ループイフダンは、ある程度の含み損を許容するシステムですので、相場が逆行しても、「これは一時的な調整だ!」と考えがちです。(実際にまた相場が期待通りに動き始める事もありますしね)

もう少し粘ってみようと、様子を見ているうちに、損切ラインまで相場が下落して、大損を出しつつ撤退。というのが最悪のパターンです。

黒猫は、トレンドの終わりを読み取る力がないので、ループイフダンの短期運用は難しいと考えています。

今回の記事をまとめると

ループイフダンの短期運用は、やめ時が難しい!

という事になります。上手くはまれば、裁量取引よりもよい結果を出すことも可能なので、トレンドの終わりを見極められる能力を持った方であれば、ループイフダンの短期運用は、効果ありです!

世の中には、そのような運用をしている方も沢山いると思いますが、相場の動きが読めない一般猫の黒猫は、ループイフダンは、短期運用よりも、長期のほったらかし運用の方がよいと考えています。

以上、今回は、ループイフダンの短期運用についての考察でした。

また次回をお楽しみに!
>>「黒猫のFX投資戦略まとめ」に行く

↓ ループイフダンのアイネット証券 口座開設はこちらから ↓

※このブログに書かれている内容は、管理人の個人的見解です。

為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございませんし、管理人の投資戦略が正しいかどうかはわかりません。

投資は、自己責任でお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村

-黒猫のFX投資戦略
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ループイフダン超長期運用の設定に関する考察 その2

黒猫さんちのFX研究ブログ 管理人の黒猫さんです。 皆様いかがお過ごしでしょうか? ループイフダン超長期運用の設定に関する考察 その2です ※ちなみに、ループイフダンのシステムは2016年9月に大きく …

ループイフダン超長期運用の設定に関する考察 その7

黒猫さんちのFX研究ブログ 管理人の黒猫さんです。 皆様いかがお過ごしでしょうか? ループイフダン超長期運用の設定に関する考察 その7です。 ※ちなみに、アイネット証券のループイフダンのシステムは20 …

豪ドル円20年チャートループイフダン超長期運用LV3の説明図

ループイフダン長期実践記録 第3弾 運用方針まとめ

2017年7月から10月の4ヵ月間実施した、ループイフダン長期実践記録 第2弾では、豪ドル円に設定されている3種類のループイフダン ・値幅20銭(B20 / S20) ・値幅40銭(B40 / S40 …

ループイフダンはFXの聖杯(必勝法)なのか?

黒猫さんちのFX研究ブログ 管理人の黒猫さんです。 今日は。。。。 ループイフダンはFXの聖杯(必勝法)なのか? というテーマで話をします。ループイフダンは必ず儲かる投資法なのでしょうか? FXをやっ …

ループイフダン 両建てに関する考察 その4

ループイフダン ゾーン方式(両建て併用)とゾーン方式(両建て無し)の比較 黒猫さんちのFX研究ブログ 管理人の黒猫さんです。 皆様いかがお過ごしでしょうか? ループイフダンの両建てに関する設定の考察の …

ブログ内検索

過去の投稿

AD

AD

AD